あることはある医療脱毛デメリット

あることはある医療脱毛デメリット

医療脱毛は確かな効果と安心で人気が高いですが、そんな医療脱毛のデメリットにはどのような点があるのでしょうか?

 

高い
脱毛サロンに比べて割高になります。医療脱毛と医療がついていますが、もちろん保険は適応されません。脱毛サロンでは両脇脱毛は1000円を切るところが多くなっていますが、医療脱毛では今も1回6000円〜といった費用がかかります。脱毛サロンはさまざまなキャンペーンや割引をしてくれますが、医療脱毛ではないと思っておいた方が良いでしょう。その分、費用が一定ですので、脱毛サロンのように複雑な費用比較をする必要はありません。

 

痛い
医療脱毛に導入されている脱毛機器はレーザー脱毛です。レーザー脱毛は光脱毛よりも痛みを感じやすくなっています。その分効果があるのは確かですが、痛みがどうしてもがまんできないという人には不向きかもしれないですね。ただ、痛みがあまりにひどい場合は、平均よりも強さを弱めてくれるといった対応もしてくれます。痛みの感じ方は人それぞれ違いますので、その都度施術をしてくれる人に相談するのが良いでしょう。

 

病院だと予約が取れない
美容関連の病院ですと、予約システムもありますが、一般の皮膚科などでは予約システムがない事も多いですね。通常の患者さんとして行きますので、順番まで待たなくてはなりません。一方、美容外科などでは予約システムが万全です。どのようなクリニックにするかで、予約の有無は変わってくるので気を付けましょう。